リサイクルトナーについて知っておくべき二、三の事柄

トナーとコスト

リサイクルトナーはどれ程安いのか

リサイクルトナーとは、ケースを再利用し、インクを詰め直して利用するタイプのトナーの事です。最近、様々な点から注目が集まっています。 1つには価格の面から注目されています。ケースが再利用されるため、かなりのコストダウンが可能になっています。市販品と比べて半額から、3分の1程度の値段になっている事が多いようです。価格が安いと、品質を心配する方もいると思いますが、現在ではかなり技術が向上し、よほどの高画質で印刷をしない限り、市販品との差はないようです。 印刷物を多用するような業種にとって、トナーの代金は馬鹿になりません。市販のトナー・リサイクルトナーを使い分ける事によって、業務改善・コスト削減が出来るようになります。

何故注目されるようになったのか

リサイクルトナー自体はかなり以前から存在はしていましたが、注目されてきたのはここ数年の事です。トナー自体の普及が一般的になり、リサイクル業として成り立つようになり、安価に流通されるようになりました。 また、自然保護というエコロジーの面からも注目されています。トナーの構造は複雑なため、大きなものに関しては産業廃棄物として扱われる事があります。また、処分に関しても複雑な処置が必要になり、多大なコストが掛かります。 そのコストを抑え、新しいトナーとして再生させるというのは、エコロジーの面からみても合理的な判断なのです。料金的にも安く、エコにもつながるリサイクルトナー。存在を知らなかった方は、是非、検討を考えてみてはいかがでしょうか。