リサイクルトナーについて知っておくべき二、三の事柄

トナーの品質

純正品と変わらない品質に

プリンターなどのリサイクルトナーというと、その品質の点で問題が指摘されていました。トナーの値段自体は純正品の半額近い物も出回っていて、お得に思えるのですが、印刷が鮮明でないなど様々な問題が生じていました。リサイクルトナーは、使用済みのトナーカートリッジに新しいトナーを充てんして販売するのですが、このカートリッジの劣化が印刷の不具合を起こしていました。しかし、最近になって、この不具合もかなり改善されてきました。充てんの方法も変わり、カートリッジから中身が漏れにくい加工が施されるようになったためです。そのため、プリンターのトナーカートリッジを交換する時も手が真っ黒になることはなくなりました。印刷も純正品と変わりなく出来るようになりました。

専用カートリッジを飼養するメーカーも現れる

リサイクルトナーを購入するには、純正品の使用済みトナーカートリッジが必要です。空のカートリッジを業者に渡して、トナーを充てんした品を買うシステムだからです。しかし、何時までも同じカートリッジを使い続ければ、当然カートリッジも傷んできます。そのようなカートリッジは廃棄に回し、途中からリサイクルトナー販売業者の専用カートリッジに変更する店も出てきました。カートリッジを新しい物に交換することで、トナー漏れの心配のない製品に仕上げるためでもあります。リサイクルトナーの継続購入をする条件の下に、カートリッジの交換費用は無料となります。このような方法で、品質の保たれたリサイクルトナーが出来上がるのです。この方法は、今後リサイクルトナーを扱う多くの業者に広まることでしょう。